1. ベストグループ中部東ブロック会員ホームページ > 
  2. ベストグループ見聞会講話集「21世紀を幸せに生きる」一覧ページ > 
  3. 2016年(平成28年)3月27日 ベストグループ関東地区見聞会 ②

ベストグループ見聞会御講話集「21世紀を幸せに生きる」

衣川晃弘大先生の見聞会講話集「21世紀を幸せに生きる」第8巻より

2016年(平成28年)3月27日 ベストグループ関東地区見聞会 ②

私は二十七歳から独立をさせて頂き、ずっと成功をさせて下さいました。何をやっても成功させて下さいました。「私は運が強いのかなぁ」と思いました。

私も運が強い方をずっと見てきました。人間は、運が良い方と運が悪い方に分かれるのです。運が悪い方は何をやっても上手くいかないのです。運が良い方はほとんどいません。

「運命」というものがあります。「運命」とは命が運ぶのです。命の存在を知らない方は、どうして良い運を手に入れることができるのですか。命が運を下さるのです。

「運気」というものがあります。気は心ですから、朝は「今日もやるぞ」と奮って家を出ていきます。そして家に帰った時にはぐったりしているのです。朝家を出る時と、夜仕事を終えて家に帰った時とでは、心は変わるのです。良いことが続くと「良い一日だったなぁ」と思うのです。心次第です。ですから、運気は「心」次第なのです。

では、運命は「命」次第ではないですか。命の存在を知らなくて、どうして素晴らしい人生を歩めるのですか。昔の方は命の存在をご存知だったのです。

運命が人生を決めるということをあなた方は知っていないのです。あなた方は「運鈍根」という言葉を聞いたことがありますか。「運」というのは運命という意味です。「鈍」は正直者という意味です。「根」はコツコツ努力をするということです。私たちは「運鈍根」を小さい頃から教えられました。「運鈍根」が人生を決めるということです。

運命は命が宿った時に、その人の人生が決まるのです。ですから、あなた方が良い運命を持って生まれたのか、良くない運命を持って生まれたのかは、命が宿った時に決まるのです。

私はもの凄く良い運命を持っているのかも知れません。小さい時から「僕はどうしてこんなに運が強いのかなぁ」と思っていました。運命が悪い人は、何をやってもダメになるのです。しばらく良いことが続いても、またダメになるのです。運命が良くない方は、人間性が良い方でもダメになるのです。運命が素晴らしい方は、命の存在を知っているかも知れません。

命の存在を知らない方は、本当に素晴らしくない運命で生きていくのです。ところが良い運命で生まれ、さらに命の存在を学び出すと、素晴らしいことが起こるのです。

私は今まで事故で十四回死にかけたこともありました、すべて無傷で助かりました。バスに後ろから追突された時も、二トン トラックに追突された時も、全て無傷でした。

「僕は目に見えない方から守られている」と思いました。命に守られていたのでしょう。なぜなら、命が一番大事だということをずっと育ての母から教えられましたから。これが私の運命の分かれ道だったのです。

私は五十九歳の時に劇症肝炎で、医学上、十人中八人は意識障害で明日か明後日には亡くなるだろうと言われました。しかし、肝臓の一つの数値が六千四百だったのが、一晩で三千に下がりました。助けて頂いたのでしょう。なぜなら、命はこの体を必要としていたからでしょう。あれから十二年経ちましたが、今は何ともありません。

あなた方は命から必要とされていますか。命の存在を知らないで、どうして必要とされるのですか。
「命」という言葉があるのは、実際にあるからです。言葉がなければ発見されていないのです。発見されたものには全て名前が付くのではないですか。

命という存在は見えるのです。それは、心が浄(きれ)いな方だけが命が見えるのです。私はどちらかと言うと、心が浄いな方だったかも知れません。

心が浄いな人は成功するように創られているのです。心が汚れている方は失敗するように創られているのです。「お金、お金」と言う人は失敗するように創られているのです。

お金のために生きているのではないのです。お金は生きるために必要な道具です。お金は増えたり減ったりします。増えたり減ったりするものに焦点を絞るから、悩み、苦しむのです。

お金は印刷物であり、悪いものではありません。「お金が欲しい」と思う時に、良くない心が出るのです。体も病気よりも健康の方が良いに決まっています。しかし、それらは生きるために必要であり、生きる目的ではないのです。

では、人は何をするために人間として生まれたのか。それを誰も知っていません。一生懸命に頑張っても人間は幸せにならないように創られているのです。一時的には幸せを感じるけれど、幸せはずっとは続きません。

病気になったり、家族に何かあったり、仕事で何かがあったり、色々な問題を抱えていきます。それが人生です。人生が幸せだったら何も努力しないではないですか。人は何のために生まれたのかは、苦しみを経験した方しか追求しないのです。

※内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

※2016年(平成28年)3月27日 ベストグループ関東地区見聞会 ②は、2019年11月11日までの掲載です。